2006年06月19日

手強い!!

さてさて、メール投稿第三弾(笑)!
必死湯治二日目です(笑)。もはや私のカラダは、どれが病気の症状で、どれが手術の影響で、どれがホルモン療法の副作用で、どれが漢方薬のダメージなのか、ワケの解らない状態になっています(笑)。つまりは、対処のしようがない、というのがホントのトコロ。。(T_T)

ですが、ホルモン系の療法が、人の身体を急激に、しかも強烈に陰に傾ける性質のものだと解ったので、湯治はかなり理に叶っているはずなのです。

しかし予想通り、手強い!とにかく浸かって暖まったと思っても底の方から何度でも冷えが浮いてくる。脱衣所の冷房だけで膝下が瞬時に冷える。にもかかわらず、身体の深部が熱を持ってるとき独特の、異常な寝汗を沢山かく。

ホンマにワケわっから〜ん!!(┬┬_┬┬)

…ま、最初から二日三日の湯治くらいで治るほど安易じゃないのは解っています(笑)。
突如何事も無かったかのように元気に満ち溢れる、なんて夢物語は有り得ませんし、最初から私自身は期待もしていません。
出来ることを、過度な期待をせずに、でも絶望もせずに、ただ黙々と淡々と一生懸命やっているだけです。

その中で、出来る限りの喜びをシッカリ見出だす、そんなスタンスでなければ続かん、もたん(笑)!

そんなわけで、まだまだ続く果て無き持久戦!
手始めにまた温泉浸かってきま〜す(笑)!(^O^)/
シカシお腹空いた(笑)…
posted by 水月 雪勢 at 17:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

漢方における“証”

さてさて、ようやく体調不良から抜け出て参りました。

今回の体調不良、その原因は何か??と言いますと、まさかとは思ったのですが、どうやら、この前 病院で処方された漢方薬だったようです。(;^_^A

もっと早く気付くべきでした。_| ̄|○
何せ、漢方薬を服用し始めてから、みるみるうちに、元気な日が減っていったんですから。
そして、どう考えても肝系のツボが詰って そのラインが やたらと痛み、とても苦しい。
ついには起きていられないほどのダルさに襲われ、一日中寝ても、まだシンドイ。
これは、オカシイ!!調べねば危ない!!(゜ロ゜メ;)
ってなわけで遅まきながら慌てて調べたわけです。

大分前、妖怪ノニジジイのお話をした時にチラッと書いたのですが、本来 漢方薬は、本人の虚実に合わせて処方するものです。
もっと詳細に言えば、虚実(=正気が不足しているのか、病邪が旺盛なのか)のみならず、表裏(=病巣が体表に近いのか、内部にあるのか)、そして寒熱(冷えているか熱を持っているか)等を総合的に診断して選ばねばなりません。

こと、風邪のような、せいぜい3日程度の服用で終わるものではない、長期間 飲み続けるものに関しては、殊更キチンと慎重に選ばねば、カラダを破壊しかねないのです。
この診断を誤るというのは、それ即ち誤診。(;^_^A
漢方薬の処方って そういうもののようです。

んで、まさかとは思ったのですが、今回どうやら、この“証”は全く無視、西洋薬と同じ感覚で この漢方薬は処方されたようなのです。
こんな風に当たり前に処方する薬なのだから穏やかなんだろう、と思いきや、違ったようで。
今回 処方された薬は、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、婦人科系の薬としては かなりメジャーですが、主に寒・実の状態に処方する、強めの薬。
ですから、間違って処方すると、激しいダルさを引き起こし、最後には肝機能障害を起こす可能性もあるもの。怖いほど自覚症状と同じ(笑)!
私の状態はというと、素人判断ですが、どう考えてもで、しかも多分 。真逆なんですよね〜〜。。(/TДT)/
真逆の場合は、同じ症状に対しても、また処方する薬は違ってくるのです。

改めて、漢方の処方は中医師による処方でなくては危険なのだと思い知った次第です(笑)。
西洋薬に慣れた医師が、中医学に精通し、正しい診断をするのは難しいようですね。

そんなわけで昨日の晩から この桂枝茯苓丸 飲むのを止めたら、もう楽になってきました(笑)。恐ろしや(笑)!!
ホント、もう〜〜薬害はコリゴリです。(;´▽`)

明日はきっと もっと元気になってると思います。
にょわ〜〜〜!張り切って、早く臨床の世界に戻らなきゃあせあせ(飛び散る汗)!!(;^_^A
posted by 水月 雪勢 at 22:52| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

軽くご報告!

さてさて先日の病院。も〜〜〜っそ 大変でした…!!(T_T)

何が大変だったって、昨日は患者さんが沢山いらっしゃってたようで、予約が生ききらず、結局 物凄く待たされてしまったのです。
7時の予約だったので、6時半過ぎには着くように行っていたのに、結局 診察を受けられたのは8時20分頃。。。_| ̄|○
でも、これは、病院というものの性質上、仕方の無いことです。

ですが ただでさえ、片道2時間半の道のり。
そこをもって、その待ち時間、プラス診察時間。帰りは普通に9時前になってしまったので、その時間はもう特急電車も無くなっていて、ぽっつらぽっつらと急行列車で帰ってこなければならず、家に辿り着いたのは11時半。((((/TДT)/あうぅ…
実に、実に、8時間も費やしたのです…!!何も食べられないまま!(つДT)
(→実はコレが一番キツかった(笑))

すっかり7時には診察を受けられると思っていた私、診察後に、その近辺で軽く食事を取ってから帰宅するつもりだったのが、ずるずると何も食べられないまま2時間近くを待ち、診察が終わったら、大慌てで帰らなければ間に合わない時間…!!
とてもじゃないが、食ってる場合じゃねぇ(笑)!!( ̄□ ̄;)

本当に想定外の事態となりました(笑)。

んで、肝心の診察の内容の方ですが、お腹の中はキレイなもんだったようです。(^0^)
ただ、リュープリンの影響については非常に個人差が大きく、やはり何をどうすればこうなる、なんていうモノは一切無いので、様子を見るしかないようです。
薬は飲みたくない、という私に 先生は漢方薬を勧めてくださり、漢方薬なら、ということで頂いてきました。

そんなこんなで、昨日は診察どうこうよりも、その物理的にかかった時間と それによる疲れ、それから長時間の空腹でフラフラになり(笑)、今日は半日寝てました(笑)。

ようやく、調子が戻ってきたところで訪れた就寝時間(笑)。
再び寝ようと思う私なのでした(笑)。

では、お休みなさ〜〜い!!夜ぴかぴか(新しい)o(^-^)o
posted by 水月 雪勢 at 23:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

今日はレッスン♪ 明日は検査。。

さて!今日は久々のレッスンでした!!((o(>▽<)o))
大事な講習会や風邪のせいで、2回も連続でお休みしてたのです。
今日は1つ先に学び始めた方々が、上級クラスへ行けるかどうかを見る試験の日だったので、試験の様子がとてもよく解ったレッスンでした。
先輩方の緊張が移ってきて、何だか私まで緊張(笑)!
ああ、10月は我が身です(笑)。
そして次回のレッスンまでに歌を1つ用意して、持って行かねばなりません。
ああ!!楽しみだァァァ!!緊張するぅぅ!!((o(>▽<)o))

そして、一転致しまして明日はと言いますと、いい加減 行かねばなりません。(T_T)
どこへかと言いましたら、病院です。_| ̄|○
オペ後の診察の為に、ようやく重〜い重〜い腰を上げまして(笑)。

それにしても、未ッだに私にも副作用がシッカリと残っているっぽいリュープリン、本当に酷い方は、打って5年経った後も 副作用に苦しんでいらっしゃったりするので、いよいよもって、こんなにも安易に打ってしまっていい薬なのかと 疑問に思うことしきりです。
しかも、コレを打ったら 「 治る 」 ってわけじゃアリマセンからね〜。(;^_^A

明日、診察の結果、薬を処方する というような お話になったら、断ろうと思っています。(;^_^A

とにもかくにも、腹ん中が どんな状態になっているかには、興味津々なのですが(笑)。

行き帰りの電車では、次回レッスンに持って行く曲を何度もジックリ聴き込んで(→入院の際、音が欲しいだろうということでプレゼントして貰った iPod が大活躍(笑))、そして診察までの待ち時間はジャンプを熟読しながら過ごそうと思います(笑)!

う〜〜ん、そこだけ考えたら、楽しみなんだけどなぁ〜〜(笑)(;´▽`)
posted by 水月 雪勢 at 19:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

子宮内膜症 当事者のバイブル

さて、2月の25日に書きました通り、この病気に関する情報を纏めようにも、ブログという形ではナカナカ読み易いものが書きにくい、というジレンマに、考え込んだ私。

ですが、この本の紹介だけは、絶対にしておかねばなりますまい、という本があります。

とある方が、世界の子宮内膜症の最新情報が集められている、というサイト(⇒全部英語(笑)。)の一部分を、なんとわざわざ訳して下さいました。
読んで参考になったのは言うまでもありません。
ですが、それを読んで思ったのですが、その情報は、私が今から ご紹介する本の内容を越えるものではありませんでした。訳して下さった方も、同感だったようです。

もし、子宮内膜症とか、卵巣チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)とか、そういう病名の診断をされた時は、必ず この本に何度も目を通し、自分で熟考し、そして、治療法を選んで下さい。

「あなたを守る 子宮内膜症の本」日本子宮内膜症協会 著 コモンズ発行

この本は、ただ単に病気を正しく解説するだけでなく、その背景にある色々な問題、医療の現状なども含んで、子宮内膜症の当事者である自分自身が、自分で考え、自分で自分にとっての最良の治療を選び、決める為の、指標となってくれる本です。
自分自身の人生を、たとえ病気と共にであっても、より良く生きる為に、何度も読むことをお勧め致します!

そして、こちらが、日本子宮内膜症協会のホームページです。
http://www.jemanet.org/08_medical/

こちらの掲示板の過去ログも、驚くほどの情報量です。こちらも、全部に目を通すことをお勧め致します。
http://www.interq.or.jp/japan/jema/cgi-bin/endbbslog/bbslog01.html#begin

とにかく、自分自身で勉強しないとエライ目に合う可能性が高い病気ですし(本当です!!)、どちらにしろ一生モンですから(笑)、熟知したもの勝ちですよ。

そんなこんなで、今日は本等の情報源の ご紹介。

あ、特に子宮内膜症だと診断されていなくても、生理痛が酷いという女性にとっても、一読の価値アリだと思いますよ!( '∇^*)^☆
posted by 水月 雪勢 at 21:31| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

正確な情報の構築

さて、オペ当日から見ると、早や1ヶ月以上が過ぎました。
何度か、入院体験記・オペ体験記を書こう、と思ったのですが、実はどうにも書きにくいのです。

というのは、私の かかっている この病気は、治る、ということが無い病気なのです。そして、原因は不明。
オペで、「 リセット 」 は出来ても、「 完治 」 はしないのです。
これまで お腹にあった大きな病巣は取り除かれ、癒着も剥がして貰い、一旦はクリーンになり、それらが身体に及ぼした悪影響は除かれました。
ですが、それは今後の進行を食い止めるものではありません。

つまり、またゼロから着々と進行していくのです。
恐らくはこの先 20年以上は この病気と戦うことになります。

日本で、この病気に苦しむ人は100万人以上いるにも関わらず、まともな理解はされていません。病気に気付かず、苦しみながら日常を送る女性達も、恐らくは沢山おられるでしょう。私も 随分長い間そのクチでした。
あるあるなどで この病気が取り上げられたことも有りましたが、実に中途半端で いい加減で、腹立たしい希薄な内容でした。医療従事者でさえ、的確な把握をしている方が多いとは言い難いのではないかと思われます。
私も、この病気に関する まともな情報、正確な情報の ほんの一端さえ、当初かかったお医者様達からは 聞くことが出来ませんでした。
そう、お医者様でさえ、正確な説明を全く してはくれなかったのです!!

その時の情報が余りに曖昧で いい加減だったので、自分で調べようにも、その病気に関する的確な本を探すことさえ、最初は出来ませんでした。つまり、的確な情報を得る手立てが全く無かったのです。
当然ですが、本屋に普通に売っている家庭の医学、程度のものの記述は、全くもって参考になりません。恐ろしいほど全く参考になりません。
本当に必要な情報は、全く書かれていないからです。そして、必要な情報が全く書かれていない、なんてこと それを読んだ五里霧中の当人には判ろうはずもありません。そのくらい、的確かつ正確な情報に辿り着きにくいのです。

治ることの無い病気なのだ、という告知さえ 私には有りませんでしたし、酷い症状の苦しみに対する理解を示す人は、過去から今迄において、家族を含めても ただの1人もいませんでした。
正確な社会的認知度が大層低い為、正確な理解を出来る人が少なく、イヤでも孤立無援の孤独な戦いを強いられるのです。
どうやら背景にあるのは 医療の現状や、社会が女性性に押し付ける固定概念等の、とても根深い問題のようです。

そんなことを考えると、私にあらわれた最初の兆候・・・実は中学生・高校生の頃まで遡ります・・・その症状から 全て、知りうる限りの情報を全て書きたい という思いがイヤでも出てきます。

しかし、ブログの日記形式でツラツラやるのは 恐らく読む側は大変読みにくい。
読みにくいと解っていてブログに書き綴っていくのは どうなんだろう。。。
そう考えるとやはり、どうにも書きにくいのです。

やはり、ここは一念発起してホームページなんかを立ち上げ、そこに私の得た情報、体験を細かく重ね、正確な情報を得られず病気以外での苦しみまでも更に強いられている人達に向かって エネルギーを発信していかねばならぬのでは…ありますまいか??m9(; ̄Д ̄)
この情報を真剣に求めている、この病気と孤独に戦う女性達に向かって ストレートに発信すべきものなのでは ありますまいか??
・・・・。それに、そうすれば、他のジャンルでも もっとコアな部分を練りこんでいけるでは ありますまいか?
・・・・な〜んて逡巡しだしたわけなんです。

。。。。(・_ ・;)…

でも、未だにトラックバックのやり方さえマスター出来てないような無知爆走の私が、ホームページ・・・・???(ToT)
出来るのか??そんなの、出来るのか??(/TДT)/
実は なんだか、よう解らんのです、ホームページっていうのが!(つДT)

そんなこんなで、無知なくせに、その無知を何とかしよう、ってな形で、雪勢のエオリアンライアにも何か変化が出てくるかも知れません。(・_ ・;)…ホント?

気長に見守ってやって頂けたら、とってもとっても嬉しく思います。m(_"_)m 
posted by 水月 雪勢 at 17:18| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

根源の生きる意志

実は、私が ずっと持っていた一つの深刻な懸念があります。

私が来月受けるオペは、全身麻酔によるオペとなります。

麻酔って実は作用メカニズムが未だ完全には解明されてない 分野なんですよね。
ご存知でしたでしょうか??

当たり前のように使われてるものですから、メカニズムが解明されてないってことをご存知ない方も沢山いらっしゃると思うのですが。

全身麻酔となると、自発呼吸が出来なくなるので、麻酔医によって、気管に管が通され、人工呼吸が行われます。つまり、呼吸も管理されるわけです。
そして、眠っていても どうしても痛みに反応して上がったり下がったりする心拍数や血圧等の生理状態を、麻酔医の先生は よく観察した上で、薬剤をコントロールする。
全部、麻酔医の先生の、真剣な観察と管理によって進められていくのです。

つまり、これがどういうことかと言ったら、麻酔っていうのは、作用メカニズムが解ってない分、「経験」 と 「観察」 に依って行われている、ということ。

それは、場合によっては、麻酔で命を落とす可能性もある、ということを意味します。

私は殆ど日常で 攻撃的な 「薬」 というものを服用せずに来ました。
なので解らなかったのですが、どうやら私、化学の力を受け付けない体質です。
ホルモン療法の副作用も尋常じゃなかったですし、それを抑える為に処方された薬剤が更に酷い副作用を引き起こし、私の身体を無茶苦茶に。
とにかく、与えられる薬剤に ことごとく拒絶反応を示した身体。

そんな中で、「麻酔」 だけは人と同じようにスムーズに行く、なんて思えない。

そんな考えが出て来る度に、恐ろしくて考えないようにしていたのですが・・・。


「何かね、全身麻酔での手術なんですけど、怖いんですよ、今までどの薬剤にも過剰に反応してきたのに、そこで麻酔とかってなったら、麻酔で死ぬんちゃうかと思って!」

今日、師匠の所へ経絡治療を受けに行った際に、思わず懸念を洩らしたら、師匠、

「そうやな〜〜、自分の体質なら、麻酔で死ぬ可能性あるな。危ないで。」って・・・!

ひええええ!!全面肯定なさったです!!! ( ̄□ ̄;) ガーン! 
更に師匠は、

「ま、でも、生きる強い意志があれば、こちらに戻ってこれるけどね。」とニッコリ。

雪勢、哀れ奈落の底へ。。。_| ̄|○

覚醒した意識の下で、生きる強い意思は有るか?!って問われたら、有る!と断言出来ると思います。
でも、完全に意識を失った状態で。潜在している、その根源の部分で、自ず溢れ出る程の強い意志、が有るかどうかと問われたら、私には自信が有りません。

そうでなくても、存続する価値が有るんだろうかと時々溜め息をついてしまう この世の中。
ここに本気で留まり戦う 本気の覚悟が、一体どの程度 私にあるのだろうと思うと、考え込んでしまいました。
何とか麻酔で死ぬことなく手術も無事終わったとして、でも、その麻酔が身体に残すダメージも相当なものだろう、と思うと、更に考え込んでしまった雪勢。

雪勢、ヤバイかも・・・(;^_^A

来年の誓願は、その辺も念頭に入れて、キッチリ練り上げることに致します。あせあせ(飛び散る汗)
posted by 水月 雪勢 at 23:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

雪舞う中でオペ前検査!

さてさて、延びに延びたオペ前の検査。
月曜に、ついに終了致しました。
一応、神は私を止めなかったようです(笑)。

片道2時間以上 軽くかかってしまう病院までの道のり。
そして、病院の最寄り駅に着いた時は、なんと雪が舞ってました(笑)。
ま、また雪かい!( ̄□ ̄;) ワーオ!(→ホントにワーオ!って言ってもた(笑))
う〜〜ん、どこまで雪と縁があるのだ!(・_ ・;)… って思ったら、一呼吸おいて思わず吹き出しちゃいました(笑)。

オペ前の検査、というから、よほどイロイロとするのかな?と思ったら、詳しい血液検査のための採血と、何やら抵抗力が落ちた時に侵入されると危ない菌が 鼻の粘膜に居座ってないか確認する検査の二つで、あとは手術の説明と入院日程の説明でした。

「あ、あの〜〜、大きさとか、調べたりしなくて良いんでしょうか??」
と恐る恐る聞いてみたら、

「あ、小さくなってても切らなアカンで!あんな、小さくなってたとしたら、その分 周りに散ってってるってことやから、余計切らなアカンの。そうやって酷くなってく病気やから。残念でした!」
って、ニッコリ笑って仰った先生。
こちらの、あわよくば・・・!なんて魂胆など、お見通しでいらっしゃいました(笑)。

そんなわけで、いよいよ、本気で覚悟しなきゃダメみたいです(笑)。
いざとなったら、ナカナカ往生際の悪い私(笑)。

それにしても、家を出たのは15時過ぎ、帰って来れたのは、21時半過ぎ、という大仕事。
一応、診察の予約は入れて行ってたんですが、予約通りにコトが進むほど機械的には進まないのが 診察、なのですね〜。
解っちゃいるけど、それなりに病人にはキツかった〜〜!(;^_^A

でも、ようやく、長くて苦しい闘病生活のピリオドが見えてきたんだと考えたら、ちょっとは心が楽になります??なるのか??なるよね??でも手術はコワイぞ(笑)。

今度の入院の日にも雪は降るのかなあせあせ(飛び散る汗)??
ま、雪に見守られながら手術ってのも、いっか!(≧∇≦)

そんなこんなで、ついに入院日は1月17日に決定。オペはその翌日。
だんだんと現実味が増してきました。(コワイ、やっぱコワイ(笑)あせあせ(飛び散る汗)!!)
posted by 水月 雪勢 at 22:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

雪降りの法則。。。(・_ ・;)…

さて、実は先週の月曜日にオペ前の検査を受けるハズでした。

しかし。。。。その当日は、雪が降って、電車が遅れに遅れてました。。
そうでなくても ここから 結構距離があり、2時間以上軽くかかる病院への道のり。
しかも、ココよりも絶対に積雪量が多い場所。
変に足止め食って体調崩れたら大変と諦め、木曜日に予約を入れ直したのです。

ところが!

実際その木曜になって朝起きてカーテン開けてみたらみたら・・・!!!
目前に 呆然の景色。。。(;´▽`) ヒャー
外は真っ白、雪が 正に今 舞いに舞ってる!!雪 ( ̄□ ̄;)
慌ててテレビをつけて見てみたら、停電の情報や 止まってる電車や遅れてる電車の情報が ず〜〜っと流れてるし。。。。



・・・・・。(・_ ・;)…

・・・・・。( ̄▽ ̄;)…


またコレ無理じゃん。。。。_| ̄|○


泣く泣く病院に電話を入れ、予約を取り直し。
ぐんぐん年末へと近づきズレ込んでいく検査。。(((((゜ロ゜;))))) プルプルプル・・・

う〜〜ん、何故なんでしょう??( ̄~ ̄;) ウーン・・
オペ前検査の予約を入れてる日には、確実に雪で電車がトラブルという法則。。(・_ ・;)…
これは一体、何を意味するのだろうか。。。(´・ω・`)

それより何より、しなきゃいけないことを先延ばしにしちゃうことの、この何とも言えない不快感!!(つДT) ブワ!


さて、明日が ようやくその3度目の正直の検査の日。

明日には雪が降らないことを祈りつつ(笑)。(;^_^A
いくらなんでも、明日は大丈夫だと思いますけど(笑)!

もし明日 雪降ったら、「神が私を止めているぅーッ!!m9(; ̄Д ̄)」 って絶叫だ(笑)。

検査結果は、また後日お知らせしますね!m(_"_)m
posted by 水月 雪勢 at 23:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

これからは面会謝絶(笑)!

さて、3回目の投薬が無くなり、副作用も引いてくるハズなのですが、やはり そんなに急には抜けないようで・・・。
日曜日に、久々に治療でも食料買い出しでもない お出かけをしたら、案の定すっかりグロッキーです(笑)。
逆に副作用が強く出て、随分苦しかった〜〜!!( ̄~ ̄;) ウーン

そんなバッドタイミングで、古巣から「お見舞い」と称して来てくれた子がいたのですが、いや〜〜、お見舞いって言うか、私が気を使って おもてなししなければならず、物ッ凄く しんどかった(笑)。

彼女のメインのご用事は、見舞いというよりも、手技のことや、お仕事のお話でした。

「あのさ、雪勢さん指名だった I さんが言うには、雪勢さんに施術して貰ってた間は、喘息が完全に止まってたんだって。何やってたの??」
「う〜〜ん、確かに肺系のラインが相当張ってたから、そこ重点的に施術してたよ。」
「それって、どのポイント??」
「あ、それはココとココとココと・・・。」
「書く物ある??」
「あ・・えと、はい。」(→メモ用紙とシャーペンを渡す。)
「あとさ、ほかにどんな症状が多くて、どんな風にやってた??」
「後は、胃腸の調子がワルイ人が多かったから、その場合はココとココとココと・・・」
「うんうん。」
「肝心なのは漫然と押すんじゃなくて、詰まりを取って通すことを意図して押すことだよ。あと、点で取るんじゃなくて、まずラインで取って、その線上を押すの。」
「わかった!」

「売り上げどう??寒くなってきたから、やっぱり下がってきた??」
「うん、もう11月入ってからビックリするほど落ちたよ、ま、毎年なんだけどね。何か良いアイデア、無い??」
「う〜〜ん・・・難しいねえ。色んな分野と包含関係に在るだけに。。。どの面を押していくかで、全然変わっちゃうだろうしねえ。」

その後は、斬新なメニューは無いものか、という話に明け暮れ。
と、彼女は。

「いいよね、休んでたらさ、本とかイッパイ読めるじゃん??」
「・・・・たらーっ(汗)。いや、元気なのに休んでる、ってんじゃないから、無理だよ。。。」
「え〜〜だってさ、本読むくらい出来るじゃん、ちょっとくらいシンドクても。」
「・・・・。いや、だから ちょっとじゃないし。。。」
「じゃさ、どんな風にしんどいわけ??」

もう十二分にしんどかったんだけど、この畳み掛けるような詰問の辺りから、更に ど〜っと疲れてきた雪勢。

「もうそろそろ、帰るわ。ちょっとゴハン軽く食べない??」
「いや・・・だから、副作用で胃がちゃんと動かないから、無理・・・。。。」
「え??そうなの??」(→何度も説明済みだったんですが・・・(T_T))

彼女をバス停まで送って行って帰ってきたら、もう、ホントに床に倒れこんじゃったたらーっ(汗)
暫く動けませんでした。
当たり前だけど 他人の苦しみって、基本的に他人事なわけで・・・。
こりゃ、良くなるまでは、会う人 選ばなきゃダメだなあ。。。たらーっ(汗)

これからは基本 面会謝絶にしよう、心身ともに持たんでござる(笑)。

そして、この訪問をキッカケに思い出したことがイッパイ。
肩で息しながら横たわっていた私の頭の中を グルグルと回りだして 止まらなくなったのです。
posted by 水月 雪勢 at 21:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

やっと診察の ご報告

ようやく今週月曜の診察のご報告。。。(;^_^A
実は病院までの距離が結構あるので、朝から出動!( *゜ロ゜)ハ ⊂☆==≡≡)))☆ チョー!

でも、やはり体力が怖いくらい落ちていて、途中で具合悪くなってグロッキーたらーっ(汗)
予約してた時間に到底間に合わなくなって 慌てて病院に電話。
予定よりも40分近く遅れて、フラフラヨタヨタしながら何とか到着。。。_| ̄|○
あ〜〜シンドカッタ!!(ToT)(→処置室で休ませて貰いながら診察待ちした人。(;^_^A )

そして、診察。やはり副作用が酷いので、投薬は見送り。
その分 オペ前倒しが決定・・!! (((((゜ロ゜;))))) プルプルプル・・・!!
もう!!怖いさっ!!!拝(≧∇≦;) グ!

この日は 同じ 針をプッス〜〜っとやるのでも、投薬ではなく採血でした。(;^_^A
肝機能や腎機能を見る、という目的プラス、貧血が起きてないかを確認する意味で。

私に起きた副作用は、どうやら珍しいようです。
少なくとも、担当して見て下さってる先生は 初めて見たケースだそうです。
投薬による副作用も酷かったのですが、その副作用を抑える為に処方されたホルモン剤で出た副作用が更に酷くて(ややこしい(笑))、スゴイ状態になってましたので。
(→仲間内でホルモンマンとか呼ばれてた(笑)めちゃダイレクト(笑)。)

やっぱり身体って個人差が あるものなんですね〜。(;^_^A
医療って やっぱり現場でケース重ねていくものなんだなぁと再確認。

早くこの病気を乗り越えて、それを自分の施術の糧にしたいものです。(^.^*)

とりあえず、昨日 一昨日と続いた酷い頭痛が、今日はちょっとはマシ。
だから、久しぶりにぐっすり眠れるかも??

明日は、また経絡治療を受けてきます。(^.^*)
(→詰ってるから痛い。ギャアァァァッ!!言いながら耐えるの(笑))

今日は、もう1つ、自分に決めたことも書こうと思ったんですが、ガス切れ。。(;^_^A
ちょっと まとめるのにエネルギー要るので、次回に致します!m(_"_)m

ではでは、お休みなさいマシ!(≧∇≦)ノ
posted by 水月 雪勢 at 00:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

オペ前倒し??( ̄□ ̄;)

さてさて、副作用にアップアップしてる今、かんなり重度の引きこもり状態な雪勢(笑)!
だって寝てても地面が回るから(→眩暈がヒドイ!)、外歩くの怖いんだも〜ん!(;^_^A

ましてや自転車でのお買い物なんて、結構スリルあるんですのよ。
普通にハラハラドキドキするんですよね〜・・・(≧∇≦)キャハハハ!
自転車が・・・!!ただの・・・ただの自転車が・・・_| ̄|○

でも、治療院のお仕事をお休みして、寝たり起きたりしながら、出来ること、今の状態に効きそうなことを一生懸命やってたら、ちょっと楽になって参りまして。
少なくとも副業はコンスタントに出来る状態になりました。
あ、あと、副作用を抑える方の薬の副作用がキツく出てきたので(→ビックリ!!)、そちらを止めたら、内臓が楽になりました。(;^_^A

でも実は、このリュープリンの副作用と、その副作用を止める薬の副作用が 余りに酷かったのが原因で、ホルモン療法を中断して、即行手術しましょうか、なんて話も出てきて、雪勢 結構ビビッとります(笑)。

う〜〜ん、来週月曜、つまりあさってに、本来なら3回目の投薬なのですが、その時の診察で、もしかしたら手術を早めるなんて話になるかも・・・!!(゜ロ゜;)
心の準備が出来る前にコトがどんどん進んじゃったりとか 無いかな〜〜??(;^_^A
ことと次第によってはそういうこともありそうです。怖すぎる〜〜!ヽ(TロT)ノ

スーハースーハー深呼吸いたしまして(笑)。
気合入れていきましょ〜〜ッ! ヘ・・ヘヘ・・エヘヘ・・(((((((゜▽゜;))))))) ガクガクガクブルブル!

そんなこんなで(笑)、またこの件は、月曜日にご報告出来るかと思います。(^0^)
いや〜〜、参った 参ったあせあせ(飛び散る汗)
posted by 水月 雪勢 at 20:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

治療に専念 (;^_^A

さて、先日のメディカルセンターでの診断。
副作用は まだまだ酷くなる、という衝撃の予告・・・(;^_^A

そのことも含め、やはり職場に連絡を入れた際、治療に専念した方が良いのでは??というご意見を頂きました。
確かに、これだけ酷い副作用がありながら なお出来る お仕事ではないからなあ・・・。

もう、本当に覚悟を決めるしかないですね。(;^_^A
治療院でのお仕事は暫く諦めるしかないかも・・・。_| ̄|○

風奏琴でのお仕事を何とか気力で完璧に こなして、後は副業の方で頑張るかぁ・・・。

どこまで出来るのやらあせあせ(飛び散る汗)
自信もないし、崖っぷちでもあるけど、それでも尚、やっぱり頑張るしか無いワナ。
やることを極力少なくシンプルにし、そこで爆発させる・・・水鉄砲と同じ原理で。
要はエネルギーコントロールの術を身につけろってことなんでしょう、きっと。o(^-^)o

1から生活パターンを組み直してみます!(≧∇≦)ノ
多分、このシンドイ状況でしか出来ないことが、逆にあるはず。
それを違わず見抜いて、しっかりやり抜くことが求められてる気がします。
だから、やり抜いてみせます!!・・・・い・・・一応(笑)!(→弱気です(笑))

そんなこんなで、またまた1つの決心。
この流れの先に、何があるのかわかりませんが、全ては意図次第。
何度も自分の心に立ち返りながら、進んでいきますね!押忍!(^0^)

あ、それでもですね、どうしても副作用が酷すぎると弱気発言が増えちゃうと思うのですが、その辺はどうか、ご理解をお願い申し上げます…!!(;^_^A
posted by 水月 雪勢 at 01:09| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

副作用、恐るべし・・・!(*'へ'*) ンー

さて、余りにも酷い副作用・・・ってかコレ副作用じゃなくて、別の変な病気なんちゃうん?
((((((゜ロ゜;)))))) ブルブルブル・・・と、何だか怖くなって参りまして。

病院に副作用についての質問メールを送って早や3日、でも なしのつぶて。。。

諸々の副作用に 更に、吐き気と背中の痛みが加わってきて、いくらなんでもコレは怖いぞ?というわけで、今日 別の職場近くのメディカルセンターに行って参りました。(;^_^A

んで、診断結果は???と言いますと・・・・。


副作用です!!m9(  ̄Д ̄) ピシ!  でした(笑)。

いや〜〜、えげつないですね、普通の生活すら出来なくなる この状態を何ヶ月も我慢しなければならないそうで。。。

「まだリュープリン2回目、でしょ??これから、まだまだ副作用 酷くなりますよ〜。」
「・・・・( ・・・(゜ロ゜;) マジデ? )。いえ、今で充分 仕事も出来ない状態なんですけど。」
「うん、でもね〜、やっぱり見てみるとかなり大きいし、癒着しちゃったら大変だから、今のうちに我慢して やっておいた方が良いと思いますよ〜〜??」
「吐き気や背中の痛みとかも、副作用で有るものなんですか??」
「ありますね〜。」


・・・・・・。_| ̄|○

ホント、これはマジで結構 色々考えなきゃダメですねえ・・・( ̄▽ ̄)
医療従事者にとって、患者の苦痛は他人事なんですよね。(;^_^A
それに、リュープリンを続けたら癒着から完全解放されるのかっつったら、決して そうじゃないんですから。。。
ここまでの苦痛を味わって尚、効果が無いって可能性も有るわけで。
多少 効果が有ったとしても、その効果がずっと続くわけではない。
我慢の価値が どの程度なのか、本当に疑わしいものなのです。
そして 倒れ損しても誰も責任取ってなんかくれませんし。(・_ ・;)…

でも、救われたのは、電話で病院の診断を伝えた時の、職場の長の一言。
「そっか、ならオペしてしもた方がエエなあ多分・・・。費用の事とかは相談に乗るで!」

ここ最近、短時間の勤務さえ こなせない状態になって迷惑をかけ倒しているにも関わらず、こんな言葉をかけて下さいました。

どうかどうか、早く、感謝を有るべきところに還していける私となれますように・・・。
焦らず、でも 一刻も早く、元気一杯になりたいと思う雪勢なのでした。(^.^*)
posted by 水月 雪勢 at 21:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

副作用の精神作用

さてさて、やはり免疫力や内臓が相当弱っているようで、本日またまた発熱・・・。(ToT)
テレビをつけて、ウトウトしてみたり、爆睡してみたり。
う〜〜ん、本当に無理した覚えは無いんだけど、全然ダメだなあ・・・。
ホルモン療法って身体を治すモンじゃなくて壊すモンですね、やっぱし。(;^_^A

こういう時はどうしても、漠然とした不安に襲われます。
ホンマにコレ治るんかな・・・とか、今世、この名で生きている この間に、どこまで進んでいけるのかな・・・とか、それどころか、この先まともに食べていけるのかな・・・とか、いやこれ、正味 野垂れ死にコースかな・・・とか。
いやいや、コレはマズイ マズイ。(;^_^A
そういや、本にも「ホルモン療法中は副作用で 死にたいと思うこともあるので、周りは注意するように」なんていう怖いことが書いてあったっけ。じゃ、独り暮らしは 本人の意思を強く持つしか無いってことか。(・_ ・;)…
お医者さんからは その件に関しては何一つ説明無かったって事実も、恐ろしいと思いますよ。誰の為の医療なんだか。。

ああそして、ジャンプの発売曜日であるにも関わらず、未だ買いに行くガッツ無し!(/TДT)/あうぅ…

ダメダメ、これはダメだ、頑張って もう一度、しっかり自分の意図を見直すんだ。

明日は、また元気に、もっと調節も上手くなって、頑張れるように!

・・・・・・。(・_ ・;)…

うん、でもちょっと、その前に たこわさだけは 食っとくか(笑)!!(≧∇≦)

お休みなさいマシ・・・o(__*)Zzz揺れるハートぴかぴか(新しい)夜
posted by 水月 雪勢 at 20:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

二回目の投薬

今日、二回目の投薬でした。既にアタマがフワフワしてて、覚醒感が全くアリマセンたらーっ(汗)
一回目の投薬の時に、薬の影響が結構にキツかったので、今回はそれを緩和するお薬も貰ってきました。(→これもホルモン系。うう、もう ひっちゃかめっちゃかな気分・・・)
でも、そんなに強烈には効かないらしく、ちょっと効いたかな??くらいなんだそうです・・・う〜〜ん・・・(;^_^A
やっぱり投薬の影響は大変なものみたいで・・・内臓が弱ってきてる!!(ToT)
(→内臓が弱ると、その部分が硬くなるんですよ〜私の身体は今、あちこち硬いみたいです・・・。コレはヤバイよ!って勤め先の治療院の先生に驚かれまして・・・(;^_^A)
皮膚とかにも思いっきり影響 出てきてるんですよ〜〜ヽ(TロT)ノ
(TへT)シクシク・・・

多分 一回目の経験からいくと、明日は身体を起こすことも出来ないくらいシンドイはず。
怖いなあ〜〜(/TДT)/あうぅ…
ちゃんとゴハン食べれるのかなあ〜〜・・・(;゚ Д゚)

そんなこんなで、仕事がお休みの明日は、出来る限りゆったりと過ごすつもりです。
って言っても、辛い状態でゆったりしても全然のんびり気分は味わえないんですけど(笑)。

早く完全に治って 元気一杯に過ごしたいなあ〜(^.^*)
元の私に戻りたい、早く。
ガンバリマスね、もし、もし、宜しければ、応援してやってクダサイ!m(_"_)m

あ、そうそう、そして、次こそはジャンプの感想を!!!(゜ロ゜;)
って言っても、今日新しいジャンプが出ちゃったし・・・!_| ̄|○
ああ、ついにジャンプもサンデーも一回感想 落としちゃった・・・_| ̄|○

今度こそ、今度こそ、ジャンプの感想 打つんだ〜〜ヽ(TロT)ノ
posted by 水月 雪勢 at 23:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

マジで無理がきかない、パートU

さて、17日月曜日は、嬉しいことに、新職場・整骨院での歓迎会でした!
それはもう楽しく、ずっと笑いっぱなしの歓迎会!
こんなにも楽しい歓迎会は始めてでした。o(^-^)o

そして、その前日の16日は、例のとっても心強いお客様が旦那様と来られて、施術の後にお食事に誘って下さいました。
これもまた、お客様から見た古巣の真実のお話と、また施術者側から見た古巣の真実のお話に花を咲かせ(→コレが本当に面白かった!)、とっても とっても楽しかったのです!!

しかぁし・・・!

もう、すっかり私の身体は2日続けての食事に耐えられない状態になってるんですねえ・・・
(TへT)シクシク
だって、二日とも、そんなに遅くまでおしゃべりしてたわけではないし、お酒だって、ビール一杯しか飲んでないのに・・・_| ̄|○

もう、火曜日は身体起こせない位の疲労感。
火曜日に経絡上の詰まりを治療したけど、ツボに気が届かないくらいに悪い状態に。
結局その体調不良は、翌日水曜日まで継続・・・・(TロT)

なんかもう、ホント凹むなあ・・・・。_| ̄|○

ま、病気なんて、一進一退を繰り返すものだし、それに一喜一憂していたんじゃ、逆に精神が持たない、って事くらいは認識してるんですけど。

ふあぁぁぁ〜〜〜!!気合入れなおすかぁ!!
もうホント、どこまでが「無理」の域なのか、大分わかってきたことだし。
引き続き、戦います、戦士 雪勢。
押忍!!m(_"_)m

とりあえず、早くジャンプとサンデーの感想を打ちたいのである(笑)。
posted by 水月 雪勢 at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

これはキッカケ

さて、次なるプッス〜〜が迫る中、本気でこの病気に挑もうと気合ガンガン入ってきた私(笑)。
ただ、この気合や やる気も、薬の影響がひどく出ている時には持続しにくいものだということも知っているので、ことは慎重に!

食べるもの、飲むもの、そして、塗るもの、全てにおいて、今 気を配っています。

経絡上の詰まりは その都度シッカリ取る。
解毒作用やバランスを取る作用の強いアロマオイルでのフットマッサージ。
(→ご存知ですか??足からのオイル吸収の早さってスゴイんですよ!そりゃ全身する方がイイはイイのですが、足、侮りがたし!ですよ!o(^-^)o)
強酸性水を患部付近に常に吹きかけ、体内のペーハーのバランスにアプローチ。
どうしても骨密度が減りやすくなるので、カルシウムを含む食品を多めに摂り。
イソフラボンを含む食品もしっかり摂り。
そして、睡眠時間はタップリと。

何よりも大事なのは、「幸福感」を失わないこと、らしい。
ストレスが やはり最大の敵なんだそうです。
つまり、やっぱり生きることを楽しむのは大事、笑いも大事!(^.^*)

ところで!!驚愕の事実発覚!!ホルモン療法始めてから、私、体臭が化学のニオイになったらしく・・・・!!!(゜ロ゜;)
なんかこう、人工的なニオイがするらしいのです。こと、汗をかいたときなどに。
こ・・・・怖ぇぇ!!!( ̄□ ̄;)
こっから先 4ヶ月、私 人工的なニオイを放ち続けるのかぁ・・・・( ̄▽ ̄;)

・・・・・。_| ̄|○


とにもかくにも、さっさと治せ、ということですねえあせあせ(飛び散る汗)。(;^_^A

恐らくは、これは与えられたキッカケなのです。
細胞レベルから、完全に生まれなおせ、というメッセージ。
それをやり抜けるのか抜けないのか。
全て、私の個人的な力に かかっています。

ハイ、やり抜いて見せましょう、そして、再生・新 雪勢の登場です。
頑張っちゃいますね!!!( '∇^*)^☆
posted by 水月 雪勢 at 23:59| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

マジで無理きかない〜〜ヽ(TロT)ノ

もう、もうね、ビックリです。

マジで無理きかないっ!!(>_< )
ホントに、ちょっとの睡眠不足も許されないです。
ホントに、ちょっとの無理が、物凄いシンドさになるので、気が抜けない!!
というか、お仕事 短時間にして貰ってるのに、それすら、何だか危うかったりするのが、怖いです、正直。

は〜〜〜、恐るべし、病気、恐るべし、ホルモン療法。
う〜〜ん、もうすぐ2回目のプッス〜〜が来るもんなぁ・・・。
2回目以降の方が、もっとキツイっていうことは・・・・・。

このペースでお仕事続けれる自信さえ、無い。
ホントに、大丈夫なんかいな、私・・・。_| ̄|○
差し伸べられる とっても暖かい手で、何とか持ってますんですが。(;^_^A

サンデーの感想、今日こそ打ちたかったけど、またしても先送り・・・。(TへT)シクシク
土曜日には打てるかなあ・・・。

そんなこんなで、こんなにちっても面白くない記事を、スミマセンです・・・m(_"_)m
長々と何を書いたかって言うと??

サンデーの感想を打てない言い訳なんでございます(笑)!
posted by 水月 雪勢 at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

ホルモン療法

キ・・・キました・・・!!!
何が来たかと申しますと・・・。

前回の病気記事で、「ホルモン療法」というのをチラっと書いたと思います。
それは、効果が4週間持続するように出来た薬剤をお腹にプッス〜〜と注射する、というものです。
まず第一回目は生理の初日〜5日目までに、プッス〜〜といくのです。
その後は、28日ごとにプッス〜〜といく。

んで、先日、ついに第一回目のプッス〜〜を体験致しました。
いえ、注射自体は普通の注射の痛さでした。
(→これも実は相当ビビッて行ったのですが(笑))
でも、ホルモン系は、やっぱりキツイ・・・というのが私の現在の感想かなあ・・・??
看護士さんのお話では、特に2回目の注射くらいから、更年期の症状が出始める、ということだったんですが・・・私、早速キターーーッ!( ̄0 ̄;)
もう割れるような頭痛と、起き上がるのが辛いくらいのダルさと、寒気とほてりが交互に来る変な熱感と、痛みと・・・って一気に出てきましたぞ??ヽ(TロT)ノ

何なんでしょ??この反応の素早さは・・・( ̄▽ ̄)
ただの疲れかな??とかも疑いつつ。

でも、余りのシンドさに、今日はお仕事をお休み致しました・・・_| ̄|○
こんなのを4ヶ月ガマンするのか??と思ったら、正直ゾッとしますねえ・・・。

さて、そのお仕事の方も、やはり、短時間勤務が無理な今のお店は、辞めるしかありませんでした。
その代わり、絶妙なタイミングでお話を頂いた、鍼灸整骨院への勤務が決定!o(^-^)o
治療の領域にいける、ということと、通勤時間が今までと比べて ほぼ2分の1で済むことと、短時間勤務が可能ということと、時給がビックリするほど上がるということと(→今までが余りに安すぎた(笑))、固定曜日がお休みになる、ということが、メリットですね!

ただ、今のお店でご指名頂いているお客様がとっても気になるのですが・・・。
挨拶出来たお客様とタイミングで出来なかったお客様がいらっしゃるので・・・(ToT)

少しづつ環境を整えつつ・・・しかし、この症状ですよ・・・(TへT)シクシク
辛いぞ、余りにも辛い!!ただの疲れも相まっていることを祈りつつ・・・
今日はもう、寝ます!!ぐうぐう寝ます!!
お休みなさいマシ!!!m(_"_)m
posted by 水月 雪勢 at 23:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵巣嚢腫 体験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。